白衣の黒さは…。

白衣の黒さは、研究室の黒さに比例する。

化学研究室を選ぶときの指針の一つです。

» 続きを読む

|

これは経費で落ちません! 経理部の森若さん1

「これは経費で落ちません! 経理部の森若さん1」
著者:青木祐子

集英社

公共図書館

| | コメント (0)

あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所

「あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所」
著者:山田真哉
カバーイラスト:鳥羽 雨
カーバーデザイン:大原由衣
平成26年11月25日初版発行
角川文庫

公共図書館

|

すえずえ

すえずえ
著者:畠中恵
装画・挿絵:柴田ゆう
装幀:新潮社装幀室
2014年8月15日2刷(2014年7月30日発行)
新潮社

公共図書館


しゃばけシリーズ13段
若だんなのお嫁さん!

|

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選」
編者:東 雅夫
装画:多賀 新 [カバー「樹生」(鉛筆画)、見返し「西天狗岳(天女舞う)」(鉛筆画)]
2016年2月2日初版第一刷発行
山と渓谷社

公共図書館

多賀氏の表紙絵がすごい。巨木と蔓の根が絡み合ってその中に人がいるんですよね……。ほら、だって手が……

収録作品
火野葦平「千軒岳にて」、田中貢太郎「山の怪」、岡本綺堂「くろん坊」、宮澤賢治「河原坊」、本堂平四郎「秋葉長光-虚空に嘲るもの」、菊池寛「百鬼夜行」、山村槐多「鉄の童子」、平山蘆江「鈴鹿峠の雨」、泉鏡花「薬草取」、太宰治「魚服記」、中勘助「夢の日記から」、柳田國男「山人外伝資料」、東雅夫「編者解説」

| | コメント (0)

たぶんねこ

たぶんねこ

著者:畠中恵
装画・挿画:柴田ゆう
装幀:新潮社装幀室
新潮社
2013年7月20日発行

Photo_20190624221301

公共図書館
しゃばけシリーズ 第12弾
若だんなと兄やの五つの約束は、守れるのでしょうか?
「序」「跡取り三人」「こいさがし」「くたびれ砂糖」「みどりのたま」「たぶんねこ」「終」
今回のお話は、終わりが切なくなくて、面白くてハッピーエンドぽくて、良かったデス。
不調な時は、ハッピーエンドが一番です。

|

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 2 3

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 2」
「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 3」

23

著者:廣嶋玲子
絵:jyajya
ブックデザイン:鷹觜麻衣子
偕成社
2: 2014年1月初版1刷
3: 2014年8月初版1刷
公共図書館
やっと書架に戻ってきたのを見つけて、
速攻借りました。
こちらも速攻読んで、返却だ。

| | コメント (0)

名探偵は密航中

「オムニパス・ミステリー 名探偵は密航中」

著者:若竹七海
カバー・イラスト:杉田比呂美
本文イラスト・イラスト:杉田比呂美
カバー印刷:半七写真印刷
本文イラスト・イラスト:
カッパ・ノベルス 

2000年3月30日 初版1刷発行

公共図書館

Photo_20190623174601

昭和初期の欧州航路船旅~~。

プロローグ 船は錨をあげる
第一話 殺人者出帆
第二話 お嬢様乗船
第三話 猫は航海中
第四話 名探偵は密航中
第五話 幽霊船出現
第六話 船上の悪女
第七話 別れの汽笛
エピローグ 船は錨をおろす

|

カーテン - ポワロ最後の事件 -

「カーテン - ポワロ最後の事件 -」Curtain: Poirot's Last Case

著者: アガサ・クリスティー
訳者: 田口俊樹
装幀: 鈴木成 ー デザイン室
2011年10月10日印刷 2011年10月15日発行
(本書は、2004年11月にクリスティー文庫より刊行された『カーテン』を新訳にしたものです)
早川書房
 Photo_1
公共図書館
ほんとに、ほんとの「ポワロ最後の事件」。ギャッ。
うーん、うーん。つらいん。

|

ときめき砂絵

「ときめき砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ」
著者:都筑道夫
カバーイラスト:山田紳
光文社時代小説文庫
1988年4月20日初版1刷発行 1991年11月1日3刷発行

図書館

なめくじ長屋捕物9冊目。
「羽ごろもの松」「本所へび寺」「待乳山怪談」「子をとろ子とろ」「二十六夜待」「水見舞」「雪達磨おとし」

|

スウェーデン館の謎

「スウェーデン館の謎 〈国名シリーズ第2弾〉」
著者;有栖川有
ブックデザイン:熊谷博人
カバーデザイン:辰巳四郎
講談社NOVELS

公共図書館

火村先生と小説家アリス 国名シリーズ第2弾
雪深い奥磐梯

|

«博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室