« 書楼弔堂 炎昼 | トップページ | 物書同心居眠り紋蔵 »

一つ出したら、二つ片づける。

「一つ出したら、一つ片づける」ってよく言うけど、
それじゃあ、追いつかないくらいの状態だから。

自分自身の状態がひどいと、部屋の中もひどい。
部屋の中の混沌状況は、脳みその混乱状況の実体化、可視化なのです。





出す体力がある時は、仕舞う元気もある時です。
お箸を一膳出すときは、お箸を一膳洗って、片づけましょう。

実際の動きは、水きりのお箸を水屋に仕舞って、流しのお箸を洗って水きりに立てかける。で、新しいのを出すみたいな流れに。
でも、これだとロスだらけなので、水きりのお箸一膳と他の器を水屋に仕舞ってから、お箸を一膳出す。

しんどい時って、おなか空いても起きられなくて、、布団のままだったりするから。
でも、しんど過ぎて、横になってもいてらんないときもあるね。しんどくってそのままバタ狂う。
もっとしんどくてその体力も無くなったら、筋肉もやせ細って自分の重みで、どんな風にいたって、痛い。痛くても、動けない。せつないよね。

だから、お箸を出す元気のある時は、何かを二つ片づけましょう。

|

« 書楼弔堂 炎昼 | トップページ | 物書同心居眠り紋蔵 »

日々にょろん」カテゴリの記事

日々反省」カテゴリの記事