« 罪悪感はいつか消えるものだろうか。 | トップページ | 曲がった蝶番 »

うわさの神仏 日本闇世界めぐり

「うわさの神仏 日本闇世界めぐり」
著者:加門七海
カバー・イラスト:甲斐ヨネ
AD:藤村雅史
集英社文庫
2001年8月(2001年6月、1998年6月)

公共図書館

“神仏ゴシップ芸能記者”加門七海が綴る、怖くて笑える、超異色エッセイ。
だそうな。
面白かったですわー。
今度そこを旅する時は、きっと訪ねてみようと思う。ただし、着いてこられないように、気をつけねば。日が高いからって油断は禁物。

このうわさの神仏は其ノ二もあるということじゃあないですか。これはまた、読まねばなりますまい。

|

« 罪悪感はいつか消えるものだろうか。 | トップページ | 曲がった蝶番 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事