« 小鳥を愛した容疑者 (警視庁いきもの係) | トップページ | 還暦過ぎて始めた 骨董露天商という生き方 »

「占」うら
著者:木内昇
装画:夜久かおり
装幀:新潮社装幀室
2020年1月20日発行
新潮社
公共図書館
帯で鏡リュウジさんもゆうてはるけど、占いの本質?裏の裏?を書かれています。
むねにささります。ぐふ。吐血。

|

« 小鳥を愛した容疑者 (警視庁いきもの係) | トップページ | 還暦過ぎて始めた 骨董露天商という生き方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事