« 易経 -こどもと読む東洋哲学- 陰の巻 結果が出ないときはどうしたらいい? | トップページ | 矢上教授の「十二支考」 »

易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと?

「易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと? こどもと読む東洋哲学」
著者:竹村亞希子 都築佳つ良
カバーイラスト:黒崎玄
装丁・本文デザイン・DTP:モリサキデザイン
新泉社
2017年3月25日第1班第1刷発行

公共図書館

シリーズ第1弾。
小学5年生の天野乾太(アマノケンタ)の夏休み。
宿題の作文「将来の夢」が書けなくて困った乾太が、おじいちゃんがくれた「易経」の本を開いてみたら……。

最強の成長論『乾為天』ケンイテンを取り上げた「易経入門書」。

2020/09/30読了。

 

シリーズ第2弾の記事はこちら

|

« 易経 -こどもと読む東洋哲学- 陰の巻 結果が出ないときはどうしたらいい? | トップページ | 矢上教授の「十二支考」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

児童書(幼児から大人まで)」カテゴリの記事