カテゴリー「書籍・雑誌」の550件の記事

矢上教授の午後

「矢上教授の午後」 
著者:森谷 明子 
カバーデザイン:森川和洋 
カバーイラスト:杉田比呂美 
祥伝社文庫 祥伝社
2012年4月20日初版第1刷発行

公共図書館

矢上教授シリーズ第1弾。

|

高座のホームズ -昭和稲荷町らくご探偵-

「高座のホームズ -昭和稲荷町らくご探偵-」 
著者:愛川 晶 
装画:森英二郎
装幀:岡本歌織(next door design)
中公文庫 中央公論新社
2018年3月25日初版発行

公共図書館

昭和稲荷町らくご探偵シリーズ第1弾!

|

女子大生会計士の事件簿 6

「女子大生会計士の事件簿 6」 
著者:山田 真哉 
装幀:牧野奈緒(有限会社アールプラント) 
イラスト:さくらあやと 
英治出版 
2007年12月19日第1版第1刷 

公共図書館

シリーズ完結編。
ハッピーエンドが嬉しいのです。

|

浮かんだ男

「浮かんだ男」 
著者:シャーロット・マクラウド
訳者:戸田早紀
カバーイラスト:久保田眞由美
カバーデザイン:藤田知子 
創元推理文庫
東京創元社
2016年9月23日初版

公共図書館

シリーズ最終巻!
で、ひとつ前の巻(第11弾)を抜かしてしまった。。。不覚。図書館あいてない。。。やっぱり本屋へ行くか。。。

|

女子大生会計士の事件簿 5

「女子大生会計士の事件簿 5」 
著者:山田 真哉 
英治出版
2007年12月19日第1版第1刷

公共図書館

シリーズ第5弾。
次は最終巻だ!
借り損ねてまだまだ緊急事態宣言はダラダラ坂のように続くよ。読めないよ。ぐぬぬ。続きが気になる。

萌さん、カッキー、紫さん…物語は一体どうなってしまうのか。イヤーー

|

矢上教授の「十二支考」

「矢上教授の「十二支考」」 
著者:森谷 明子 
カバーイラスト:杉田比呂美
装幀:金台康春 
祥伝社
2018年8月20日初版第1刷発行

公共図書館

シリーズ第2弾。
第1弾も読みたいな。

|

易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと?

「易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと? こどもと読む東洋哲学」
著者:竹村亞希子 都築佳つ良
カバーイラスト:黒崎玄
装丁・本文デザイン・DTP:モリサキデザイン
新泉社
2017年3月25日第1班第1刷発行

公共図書館

シリーズ第1弾。
小学5年生の天野乾太(アマノケンタ)の夏休み。
宿題の作文「将来の夢」が書けなくて困った乾太が、おじいちゃんがくれた「易経」の本を開いてみたら……。

最強の成長論『乾為天』ケンイテンを取り上げた「易経入門書」。

2020/09/30読了。

 

シリーズ第2弾の記事はこちら

|

易経 -こどもと読む東洋哲学- 陰の巻 結果が出ないときはどうしたらいい?

「易経 -こどもと読む東洋哲学- 陰の巻 結果が出ないときはどうしたらいい?」 
著者:竹村 亞希子 都築佳つ良
装画:黒崎玄
新泉社
2017年12月13日第1版第1刷発行

公共図書館

第2弾。
シリーズ第1弾の記事はこちら

|

オイレ夫人の深夜画廊

「オイレ夫人の深夜画廊」 
著者:斉藤 洋 
画家:森田 みちよ 
偕成社
2016年6月初版第1刷

公共図書館

私もオイレ夫人の深夜画廊を訪れてみたいと思う。
何か見つかるだろうか。
大切なモノが見つかれば、きっと進む道も見つかるんじゃないかと淡い期待を抱いたりする。

|

幽霊塔(江戸川乱歩)

「幽霊塔」 
著者:江戸川 乱歩 
カラー口絵:宮崎 駿 
岩波書店
2015年6月5日第1刷発行

公共図書館

自註自解より:「講談社倶楽部」昭和十二年一月号より拾参年四月号まで連載。(中略)私は原作を読まないまま、涙香の翻訳のみにもとづいて、これを私流に書き変えたにすぎない(後略)

 

新型コロナの緊急事態宣言前に幸運にも借りられたので、外出自粛中に読むことができた。
終わりの見えない上り坂のような中、今は図書館も開いていないので、辛うじて開いているちょっと遠い大型書店にも足を延ばしてみようかと、考えたりする。だって、本の背表紙がずらりと並ぶ光景がもう見られないかもしれないって思うと、居ても立っても居られない。一日も早く治まりますように。それまでは、もう少し自粛します。きっともうちょっとの我慢。


|

より以前の記事一覧