カテゴリー「今日もご飯に「ありがとう」を言おう」の58件の記事

レシピメモを含む。

適当にザクロシロップ。

これから暑くなるし、更年期とか気になるかもしれないし、グレナデンシロップのドリンクとか憧れるよね。

【材料】
冷凍ザクロ ほぐしツブツブ 約150g
砂糖(グラニュー糖) 約75g 

【作り方】
①冷凍保存してあったザクロの霜を流水で、ざっくり落とす。
②ビンに①を入れ、砂糖をドバドバいれて、振っても汁気がこぼれないように蓋をする。
③ビンをガシャガシャ振って、砂糖をザクロ全体にまぶす。
④冷蔵庫へ保管。
⑤毎日、ビンを振って、底に沈んだ砂糖を溶かす。

⑥実を取り除くのをいつにするか、考え中。(入れっぱなしにすると雑味がでるらしい。)

【備考】
◎ザクロ何個分かは不明。ほぐして冷凍保存し時は、大小様々(握りこぶし大人から赤ン坊まで)だったんで。ほぐし実、後何袋あったかなぁ。

◎空きコーヒー瓶のふたの密閉は、ビンとフタの間にラップを挟むとそこそこできます。
昔々はラップがなかったら、清潔なビニル袋を何枚か重ねてその代わりにして、きつく締めたフタの上から、セロテープとかで固定してました。

◎熱湯消毒とかしてないので、冷蔵保存しました。で、速やかに消費が必要かな。1ヶ月とかかけないで。何にせよ自己責任で作成消費します。
家族がクレクレタコラしたら、分けてもええかな~。

続きを読む "適当にザクロシロップ。"

|

味噌漬け豆腐。

畠中恵氏著『あましょう』(「やなりいなり」)で、『お酒大好き妖の、味噌漬け豆腐』レシピが載っていました。
前々から作中に登場する「味噌漬け豆腐」が気になっていて。作ってみました。
工程の写真は無いけれど、ボウルの中で味噌に包まれて眠っている豆腐の姿を眺めていたら、ブログに載せてみよっかなと。

味噌をしっかり密着させるためのラップが邪魔をして可愛さが写せていませんが、味噌漬け中です。

_

続きを読む "味噌漬け豆腐。"

|

なにも思いつかない日には、炊き込みご飯。

何にもしたくねぇ。
献立が思いつかねぇ。
そんな日は、今ある食材で炊き込みご飯。

冷蔵庫の中に……厚揚げ、コンニャク、ブナピー(白いブナシメジ)。

続きを読む "なにも思いつかない日には、炊き込みご飯。"

|

柚子のはちみつ漬けで柚子茶。

久しぶりにひどい風邪をひいた。
今日は随分ましになったが、のどがヒリヒリイガイガしてたまらない。

昨年の冬至の少し前にいただいた柚子をはちみつで漬けこんでいたものを、お湯でといて飲んだ。のどにやさしく染みわたる。


続きを読む "柚子のはちみつ漬けで柚子茶。"

|

ピーマンとサバ味噌煮缶の当座煮。

サバの味噌煮缶を使ってピーマンの当座煮を作りました。
大好きなじゃこピーマンを食べたかったのですが、じゃこがなかったのと、いつもは鰹節で代用してるんだけど、今日はカサ増ししたかったので、サバの味噌煮缶を使いました。

◆サバの味噌煮缶とピーマンの当座煮◆(3人分)
【材料】
 サバの味噌煮缶 … 1缶
 ピーマン … 4個
 (お好みで、しょう油、七味唐辛子などの調味料)

【作り方】
①ピーマンを洗い、細切りにする。
②フライパンにサバの味噌煮を入れ、大きければ一口大に崩す。
③②にピーマンを入れてフタをし、弱火にかけ、ピーマンを蒸す。
④フタを開け、中火にして水分をとばす。
※お好みで、調味する。

|

カボチャのポタージュ。

ミキサーを使わず、裏ごしもしないので、舌触りなめらかとはいきませんが、それでも同居人が喜んでくれるので◎
水分が多くて煮物にしづらいカボチャを大量に使うには、やっぱりポタージュが一番。
【圧力鍋】と【シチューの素】を使って、楽して美味しく作るよ。

◇■カボチャのポタージュ /クラムチャウダーの素編(塩辛いかった) ■◇

【材料】
A)カボチャ(可食部) …700g←1個分ぐらい(重量が足りなさそうなら、ニンジンとかジャガイモを入れてもgoo!)
A)玉ねぎ …1個
A)水   …100cc

B)水   …600cc
B)牛乳  …500cc
(クラムチャウダーの素の箱に、水400ccと牛乳800ccとあったけど、牛乳が500ccしかなかったので、水A+B700ccで合計水分1200ccとした。)

・クラムチャウダーの素 …1箱(←今回使ったのはグリコ「クレアおばさんのクラムチャウダー」)
・塩コショウ …適宜

続きを読む "カボチャのポタージュ。"

|

今年も材料2つでスモモのジャム。

今年もスモモが届きました。

すもものジャム(材料は2つ!!)

去年のレシピで作りました。
材料は
すもも:2.5kg
上白糖:1kg

今年は甘めで、果肉のかたまりをやや残すように作りました。
砂糖って1kgパックなので、全部投入です。

冷めたら味見しましょう。
今年は、知り合いにあげるつもりでいます。
アオハタジャムの空き瓶だけど許してくれるかな?

続きを読む "今年も材料2つでスモモのジャム。"

|

今年も新ショウガの梅しそ漬け。2013版 第2日目。

ショウガの梅酢漬けの続きを書いていないことに気づく。
既に半分以上は消費しているのにもかかわらず。

「今年も新ショウガの梅しそ漬け。2013版。」第1日目

の第2日目。

【材料】
梅干とか梅漬けの赤紫蘇(昨年とかに作った梅干の中に入ってて食べられずに残っていた赤紫蘇)
梅漬けの酢(梅酢漬けの残りのお酢とか、梅干を食べちゃってお酢だけ残ったとかの酢)
食酢(適宜)

【作り方】
一晩?塩漬けされたショウガをざっくり洗って水を切り、
容器にショウガ、赤紫蘇を交互に入れ、お酢類を8分目ぐらいまで入れ、冷蔵庫で保管。

一週間ぐらいで食べられる。

食卓によし、お弁当によし。

|

すもものジャム (材料は2つ!!)。

先日、義理の母から送られてきたスモモの残り(3kg)は全て、ジャムにしました。
因みに、スモモの送り主はお義母さん名義ですが、実際収穫したり荷造りしたり出荷したりしてくれてるのは、義弟さんだと思います。

前回の「プラムジャム」の作り方ですが、完成度がイマイチだったのもあって、今回はちょっと違う方向性?で作成しました。
テーマは、一日中泳いだ後みたいに身体がダルいけど、ジャム作るぞ。ってことで、面倒な手間は限りなく省きたい、という希望の下で作成しました。

~作り方~
【材料】
スモモ    …… 3kg
グラニュー糖…… 1kg
(又は上白糖)

【作り方】
1.スモモは綺麗に洗いザッと水を切る。
2.1のスモモを種と実に分ける気持ちで、適当に切る。(4つ切りくらいかな。)
3.鍋に2を入れ中火にかけ、木ベラ等で焦げ付かないように鍋底からかき混ぜる。
4.5分ほどしたら、水分が出てくる。水分がかなり出たら、強めの中火にする。
5.白い泡のようなアクが出てきたら、丁寧にすくい取る。
 (ボールに水を張って、アクをすくったお玉をすすぐと良い。)
6.種が果肉から離れてきたら、お玉ですくいお箸で取り除く。
7.種や、気になる皮を取り除けて、果肉も煮崩れてきたら、砂糖を加える。(この頃には水分もかなり飛んでいるのではないかと思う。)
8.小さじ1杯を冷水に落とし入れ、溶けずに底でジャム状に固まるようになるまで、ひたすらにかき混ぜ、アクを取り続ける。
9.冷水に落として固まるようになったら、火を止めて、ビンやタッパーに移す。
10.冷めたら、冷蔵庫で保存する。

所要時間は、1.5時間ぐらいかな。
出来上がり分量は多分2kgぐらいと思う。


続きを読む "すもものジャム (材料は2つ!!)。"

|

すもものマトファン。

昨夕方、相方の実家から今年もスモモが送られてきた。
何キロぐらいだろう。
受け取ってすぐに、ありがとうの電話連絡をするより前に、完熟っぽく奥の深い濃厚な赤色のを5個選び出して、食す。・・・味は、大味。あれ?
頃合を見計らって電話をかけると、お義母さんがでた。ものすごく久しぶりで、嬉しくってつい夕食支度時の忙しい時間にもかかわらず、&私にしては珍しくちょっと世間話。付き合ってくれて、ありがとう、お義母さん。
で、味が違ったのは、いつもの樹が枯れてしまったのこと。えっ。実がぼとぼと落ちて・・・。なんと悲しい結末でしょう。
スモモの樹さん、長い間おいしい実をつけてくれて、ありがとうね。

で、今年は去年より多めですが、完熟でこの味だったから、まだ青そうな実が6割以上(完熟は長旅の間にクール宅急便でも当たり傷が痛んでしまうから。)なのを、いかに旨味を余すところなく食するかが問題です。

検索をかけてみたら、「マトファン」がヒット。これって、「フライパンでタルトタタン」の原型っ!?
なば、日曜の朝食に!

結果は。。でかく作りすぎてホールがお皿に乗りきらねー&スモモのとろとろソースが溢れて。。。
なので、フライパンの中で1/4に切って小皿に取り分けた。
気になるお味は、、、すももが酸味バリバリの超美味いコンポートで、クレープ生地はソースで崩れて怪しすぎる、不味そうな見た目になってしましました。
酸味がバリバリ過ぎて口腔内がヒリヒリ・・・・・。
美味しいんだけどな・・・。
スモモは先に焼いた方が良かったかな・・・・?
うむむむ。

冷凍庫が使えない現状を考慮したら、最後の手段はジャムかな。
砂糖多めで、ね。

|

より以前の記事一覧